« August 2006 | Main | December 2006 »

2006.10.27

こっちも商売だからね

まずは、ファィターズ日本一おめでとうございます。
新庄選手、おめでとうございます。お疲れ様でした。

そして、落合監督、負け惜しみバリバリのコメントありがとうございます。

このシリーズで、なんで落合監督が嫌いなのか、はっきりわかった。
彼のコメントの最後に「こっちも商売だからね。」と付け足すと、しっくりくることがよくある。
彼は、冷たいのだ。ライオンズの森監督もそう見えた。勝つんだけど、ワクワクしないし、面白くないのだ。

「こっちも、勝つのが商売だからね。」

これでは興ざめしてしまう。のめり込めない。エンターテインメントとしてのプロスポーツでは、時として勝利より大事なものがあると思う。勝てば何でもいい訳ではない。

落合監督のもとでは、選手は野球の本当の楽しさを伝えられない。新庄が言っていた「ホームグラウンドを、子供の頃遊んでた近所の空き地と感じられる」ことが、野球を観る楽しさ、野球をやる楽しさを伝える基本なのに、ドラゴンズの試合は、プロの厳しさだけが伝わってくる。たしかに上手だけど華がない。紅白でしか見ない演歌歌手みたいなのだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.25

オレ流采配のほつれ

日本シリーズ第3戦。テレビ各局のダイジェスト。この試合では2番目に、そしてシリーズ全体では恐らく1番目に大事だったと言われることになるであろう場面をカットしている。
8回裏、中里がセギノールをストレートだけで抑えた直後、落合監督がマウンドに出向いた場面だ。
あそこで投手交代をしないなら、何もする必要はない。何もしてはいけなかった。
中里の前の小林が、たった1球で降板し、このシリーズではかなり使いにくい状況になった直後、その小林の穴を埋めて余りあると感じさせる中里の素晴らしいピッチングを見て、ファィターズサイドはかなり焦ったはずだ。この試合に勝ったとしても、後半は中里に苦しむぞ、と。
焦った証拠に、ヒルマン監督は、落合監督が投手交代なしのタイムをとったことがルール上間違っていないのか、審判に確認している。レギュラーシーズンとは異なるルールだからこそ、日本シリーズのルールは、審判はもちろんのこと、監督はじめスタッフみんなが熟知しているはずだ。それなのにわざわざ確認していたのはヒルマン監督の動揺の現れだろう。
しかしその素晴らしい中里を、ヒルマン監督以上に、全く不必要に動揺させたのが落合監督だ。中里は代えられると思ったはずだ。まだまだ行けるのに、なぜ、と。結局続投することになったが、テンションが微妙に変わった。
稲葉への初球は悪い球ではなかったと思うが、稲葉には中里の、あるいは落合監督の、心の隙が見えていたのではないか。稲葉のホームランは中里の失投ではなく、落合監督の失策だ。
これで、もう中里も小林も使いにくくなった。ドラゴンズは、投手のやりくりに困るこれからの試合、中継ぎにはあまり頼れないという大きなハンデを負った。
何より、落合監督の采配に対する信頼が揺らいでしまった。ここまで選手を支えてきた監督への確信が、絶対ではなくなった。

これだけ重要なあの場面を、なぜ全ての局がカットするのか。

8割方、札幌で決まるな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.18

RhマイナスAB

Rh-AB型。AB型も少ないのに、Rh-がおよそ200人に一人だそうだから、非常に珍しい血液型である。
先日、たまたま「太陽にほえろ!」の再放送で、Rh-AB型の犯人のエピソードをやっていた。そうだ、Rh-AB型のことはこのエピソードで知ったんだった、と懐かしい気分になり、翌日早いんだけど最後まで観てしまった。
あんまり役に立たなそうな知識だが、Rh-ABという言葉の響きが鮮烈で、なんだがかっこいい、と思った。で、今でも記憶している。こういう脳みその使い方ってもったいないような気もするけど、人生を豊かなものにしてくれていると思う。

ちなみに、ストーリーも感動的だったと記憶していたが、今観るとややあきれた。劇中に初代ゲームウォッチの「ジャッジ」が出てきて、その懐かしさには感泪。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | December 2006 »